転送:http://responsive.aruweb.net/note/works/designer/
※当時の内容を一部編集

今年は「UIデザイナー不要説」などの記事をよく目にしましたが、そもそもUIデザイナーだけの話ではなく、Webデザイナー全体の話かもしれません。私は日頃から業界的に「Webデザイナー」の地位が低く残念と思っているのですが、できる人とやりたい人の差異が大きい職種だと感じています。

  • システムエンジニアの方が給料が高い
  • 「お絵かき」「見た目」といわれてしまうことも多い
  • だから費用工数の状況により後回し

確かに、Webサイトとしての最優先は”動くこと”ですが、優れたUIでユーザーを正しく誘導し、見栄えで期待感や信頼感を醸造するのも、Webサイトの目的を達するために重要です。。

ただ、その「重要さ」を納得いただくことが難しいのです。

デザインしかできないデザイナー1:どうしてそうしたのか?~デザインの理由が曖昧

勿論、「なぜデザインが必要か」はディレクターであったり、プロデューサーであったりが説明すべきですが、「なぜそうしたのか」を説明できないデザイナーが多いと感じています。

  • 何故この色にしたのか
  • 何故ボタンの形状をこのようにしたのか
  • 何故この文字の大きさにしたのか

余白は、行間は…。

デザインのひとつひとつに、そのようにした理由が必ずあり、その理由を理解いただくことが、デザインの理解そのものに繋がります。(自分が)きれいだと思ったから、では説得力がありません。

デザインしかできないデザイナー2:誰のためのデザインなのか?~利用する人をイメージできない

例としては少し余談になりますが、デザイナーさんにある既存サイトのサイトマップ作りを手伝ってもらいました。

まず質問されたのが「ILLUSTRATOR(Adobe)で作りなれているので、aiファイルで作っていいでしょうか」でした。

制作物は、使う人の顔を想像しながら、使ってもらえるようにデザインすべきです。それはサイトマップやパワーポイントの資料でも同じです。それがなければ、「独りよがり」「自己満足」になってしまいます。

みんなのパソコンに入っていないソフトで作るということは、その後のメンテナンスもすべて引き受ける、ということでもあります。

デザインしかできないデザイナー3:WebデザイナーでありながらWebに興味が無い?

私の関わったデザイナーさんには、レゴや美術が好きな方が多いのですが、一部のデザイナーさんは、デザイン周りに興味があっても、Webの技術や新しいサービスに興味がない方がいるように思えます。

企画・設計は自分たちの仕事ではないと思っているからなのか、はわかりませんが、プロモーションやSEO、開発系技術なども無関係ではありません。

こんなデザイナーになって欲しい

まず、「デザイン」と「アート」の違いを理解してもらいたいなって思います。

次に、デザイナーは自分自身だけだとしても、共同作業だと認識してもらいたいと考えています。

制作会社で分業が進み過ぎ、他者に頼ってしまいがちなのか、「クリエイターである」というプライドが邪魔をするのか、デザイン以外の仕事をしたがらない方も多いですが、Webに関する様々なこと…見積書の作り方やマーケティングに関するフレームワークも、知っていると便利です。

企画はプランナーやプロデューサー(場合によりディレクター)の、進捗管理はディレクターの仕事ですし、システムの組み込みはエンジニアの仕事ですが、ユーザビリティの担保やコンバージョンアップもデザイナーの仕事に含まれると思って臨んで欲しい!と切実に思います。

スポンサーリンク